FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
院内イベント報告:昔を語る会

こんにちは、てっぽう町かず内科院長です。

当医院では、高齢の患者さんが話しやすくなる環境づくりの一環として、診察室や中待合室に「昭和の懐かしい仙台の風景写真」を展示しております。

リラックスして診察を受けていただくためのひと工夫ですが、昔を思い出し、語ることは認知症予防にも有効という点も考慮しています。

昨日は、これらの写真を提供していただいているNOP法人20世紀アーカイブ仙台さんに
「8ミリ映像を活用した昔を語る会」を院内イベントとして当院待合室で実施していただきました。

この取組は、認知症予防の一環としてでもあるのですが、なにより楽しく話すことができる場所を地域の方に提供したいという思いから、いつか実施したいと思っていたものです。


・・・では少々「昔を語る会」の様子を紹介いたします。


映像放映前に、様々な昔の生活道具が紹介されました。

語る会1

懐かしい生活用品の登場に、参加者の皆様から次々会話が生まれます。


続いて映像の放映です。

語る会2


皆さんの記憶にある仙台の風景が次々と流れ、
「ここに行ったわねー」「そうそう、こうだった」など口ぐちに昔が語られます。


当院は6月にオープンしたばかりですが、昔を語る会の最中は昭和時代にタイプスリップしたようでした。

また、皆さんが終始笑顔で、とてもあたたかな空気につつまれた院内イベントであったと思います。

ぜひまた企画したいと考えております。

この場を借りてNPO法人20世紀アーカイブの皆様に心より御礼申し上げます。



仙台市宮城野区の内科クリニック
てっぽう町かず内科
公式ホームページはこちらからどうぞ!

スポンサーサイト


こんにちは!

今日は風邪とインフルエンザの違いについてお話します!

風邪とインフルエンザは原因も症状もはっきり異なります。
「風邪」は、のどの痛み、鼻水、咳などの症状を伴う呼吸器の急性炎症です。
発熱、頭痛、食欲不振などが起こることもあります。
健康な人でも年に数回程度かかるといわれています。

「インフルエンザ」は、インフルエンザウイルスに
感染することによって起こる病気です。
普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴。
インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後
38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。
健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。
気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。

インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると年齢や性別を問わず多くの人に短期間で感染が広がります。
日本では毎年11月~4月に流行が見られます。
今がインフルエンザの時期まっただ中なのでみなさん気を付けてくださいね!


Copyright © てっぽう町かず内科ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。