FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑中見舞い申し上げます。


みなさん、こんにちは。
てっぽう町かず内科、事務スタッフです!

暑中見舞い申し上げます。
当院は本日から通常診療を行っております。

今年の夏はとても暑いですね。
熱中症のような症状になられた方も
たくさんいるのではないでしょうか?

そこで本日は「熱中症」について
簡単にですが、お話したいと思います!



まず熱中症とは・・・室温や気温が高い場所に長時間いることによって
体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして
発症する障害(めまいやけいれん、頭痛など)の総称です。
熱中症は暑さに慣れていない人や、慣れてない時期に多くなる傾向があります。
特にこのような日には熱中症の注意が必要です。


★気温が高い
★湿度が高い
★風が弱い
★急に暑くなった



ですが下記のような対処法を行えば熱中症を事前に防ぐことができます。



・体調を整える
睡眠不足や風邪ぎみなど、体調の悪いときは暑い日中の外出や運動は控える。

・服装に注意
通気性の良い洋服を着て、外出時にはきちんと帽子をかぶる。

・こまめに水分補給
「のどが渇いた」と感じたときには、すでにかなりの水分不足に
なっていることが多いもの。定期的に少しずつ水分を補給しましょう。
特に夏場は汗と一緒に塩分が失われることを考えると
スポーツドリンクなどをこまめに飲むのがオススメです。

・年齢も考慮に入れて
体内の機能が発育途中の子どもや、体力が衰えはじめた高齢者は熱中症に
なりやすいそうです。年齢を意識して、予防を心がけることも大切になってきます。


しかし、上記の対処法を行っていても熱中症になってしまうことがあります。
そのような場合は次のことを行ってください。



・涼しい日陰やクーラーの効いた室内などに移動する。

・衣類をできるだけゆるめて休む。

・体を冷やす
氷や冷たい水でぬらしたタオルを手足に当てる。
もし氷や冷たい水がない場合は、タオルやうちわ
衣服などを使ってあおぎ、風を送って冷やす。

・水分や塩分を補給する
水分はスポーツドリンクなどを少しずつ何回にも分けて補給しましょう。
そして汗によって失われた塩分も補給する必要があります。
市販で売られている、塩飴や梅飴などを舐めましょう。



これまで簡単にですが「熱中症」についてお話しましたが
なんとなくでもみなさん、分かっていただけましたか?
まだまだ暑い日が続くそうですので、体調管理にはしっかり気を付けて
今年の夏も元気に乗り切りましょう!


ただもし、少しでも熱中症かな?と思われた場合は
早めに病院へ受診してくださいね!!




コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © てっぽう町かず内科ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。